2009/05/29

対価はお金じゃなくて、「よろこんで使ってます!」のメッセージと写真という買取制度があってもいいんじゃない?

先々週の金曜日に、trick7の寺井くん
いつも手伝ってくれている空気読みパートナーと3人で、
いろいろと飲みブレストをやっていました。

飲みながらやっていたので、うろ覚えですが
以下のような話をしたような気がしています。

・webでエイジングを表現できないのか?
スクロールがひっかかるようになる
軋む音がするようになる

・結局スライドショーの強さは何だろう?
ギミックに凝るより、
写真の強さでストレートに伝えたほうがいいのでは?


その中で、結構盛り上がったのは
不要になったモノを必用としている人にあげるサービスの話。
対価はお金じゃなくて、
誰かに渡したときの「お礼写真とコメント」が一番じゃないかと。

最近、新しいもの買うときに
古いものをどうするかで躊躇して買えなくなってきているし。
本もBOOK OFFとかに持ち込むのもいいんだけど
もっと誰かの役にたってほしい気持ちもあるし。
できれば、読んだ人の感想とかシェアしてくれると
新しい気づきとか生まれるし。

貸し借りじゃなくて、使い終わったモノを誰かにあげるサービス。
できたら、製品の基準が長く使えるもの
耐用年数が長い方向にまた戻りそうですね。

どっかで、そんな仕組みつくってみようかな。


にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ


はてなに追加

MyYahoo!に追加

del.icio.usに追加

livedoorClipに追加