2008/10/16

考え方が近い! 鳥井シンゴさんの「儲かる発想」

最近、アイデアや発想について
自分がリクルートでやってきた方法を
体系化する作業をやっていました。

そこで、世にある発想法やアイデア出しの本を
いろいろと見ていたのですが、
ずばり共感したのがこの本 です。

鳥井シンゴさんのユーザー目線で
不満や改善策を考えるやわらかさもすばらしいと思いましたが、
「誰もが損をしない仕組みをつくる」というスタンスが大好きです。

ただアイデアを考えただけじゃなくて、
3C(カスタマー、クライアント、自社)が
メリットを享受できるところまで
企画をブラッシュアップするところ。

アイデアを考えたときに、どこに持って行くことが
マーケティング的に一番幸せになるのかを
考えている視点などとてもとても共感しました。

このサイトで常々書いていることですが、
僕個人としては、こういうスタンスで仕事ができている人を
尊敬しています。本当のクリエーターって、自分よがりではなく
ちゃんと世の中がハッピーになるところ(=だから儲かる)まで
ブラッシュアップできる人だと思ってます。
※だから、僕は空気が読めることが大事だと思っています

150ページぐらいの薄い本ですぐ読めますが
僕は、ものすごく勇気をもらいました!
会ってみたいなぁ。



マーケットと儲けのネタをヒモづけよう!
 ビジネスマンのための「儲かる発想」

〜以下、アマゾンより引用〜

著者について
■鳥井シンゴ(とりい しんご)1973年東京生まれ。グラフィックデザイナー&発案家。
ブランディング、代理店、雑誌編集、印刷企画を経て鳥井シンゴデザイン事務所として独立。広告における結果や、マーケティングについて考えながら、より良い広告やサービス、製品を実現するため、アイデア構築支援からデザイン、製品製造までのプロセスを支援。現在、鳥井シンゴデザイン事務所代表、株式会社ヒマナイヌ、株式会社エムログ等、数社取締役・顧問を務める。

プロローグ ちょっとだけ違う考えをすれば、誰もが驚くアイデアを思いつく
第1話 会社のロゴをQRコードにする 
第2話 広告入りの傘を売る 
第3話 サンプルを有料で売る 
第4話 水をiPodよりも高額で売る 
第5話 1枚のメモを1億円にする方法 
第6話 使える情報を記憶する 
第7話 小学生の感覚を忘れるな 
第8話 8倍長持ちする電球の使い道 
第9話 青いTシャツがなぜバカ売れしたのか 
第10話 デメリットを一つ一つ消していこう 
第11話 これが僕のアイデアビジネスの方法 
第12話 アイデアビジネスをスタートするための7DAYSトレーニング 
第13話 趣味でもとことんやれば大成功する 
第14話 稼ぐ目的を持つと稼げるようになるものだ 
第15話 ディズニーランドのお客はアトラクションを買いに来るのか? 
第16話 選択肢を一つに絞ると次の一歩がすぐに出るようになる
第17話 誰でも公平にある財産が与えられている 
エピローグ 何もしないで過ごした1日も、死ぬ前の最後の1日も、まったく同じ1日だから......



はてなに追加

MyYahoo!に追加

del.icio.usに追加

livedoorClipに追加