2008/10/11

媒体の移行期に活躍する機械。TEAC LP-R400

ちょっと今頃な感じがするのですが、
時代の移り変わりに登場する
「移行するためのサービス」です。
このTEACのLP-R400
(ちょっとカウンタックみたいな名称)をお題に
勝手にてこ入れをやってみます。

6万円越えの商品なので、
ターゲットは移行のために一時的に利用する人ではなく、
長く使う人を対象にしてそうです。

僕だったら、この手の商品を使って
CD−Rに録音するサービスを1枚800円ぐらいでやります。


その理由ですが、
たくさんのレコードを抱えている人は
すでにマニア層でオーディオマニアである可能性が高い。
=ターンテーブルにも金をかけているので
6万円台のものでは物足りない。
それにCDに移して聴く必然性が薄い。
昔に買ったものが出てきたような人は
聴きたいだけなので、
新しくCDで買い直す=1500円程度で買えてしまう。
もしくは、もったいないということで
CD-Rに移行するサービスをやってあげても
新品CDを買うよりも安いプライスで提供する必要あり。
なので、1000円以下で移行サービスをやってあげます。


また、結局やることは一緒なのですが、
訴求を「レコードをCDにできる!」ではなく
「昔のレコードをiPodで聞くことができる!」
価値をズラします。

それならば、CD-Rに焼いたモノを
パソコンで読む込むだけですからね。

こっちだったら、音楽好きや
大量にレコードを抱えているマニア層もアウトソーシングとして
プライシングによっては取り込めますよ。





はてなに追加

MyYahoo!に追加

del.icio.usに追加

livedoorClipに追加