2008/12/05

「ビジネス・サーフィン」の時代。ザ・リッツカールトン日本支社長高野登さんの言葉。

言い得ているなぁと感心しました。今の先が見えないビジネス環境は、サーフィンと捉えようという心構えです。足下の状況が常に変わる。だから、本物しか生き残れない。そのために、自社のvisionに立ち戻ってやっていくしかない。そういう意味のようです。

そうだなぁ。その上で、「愛」と「勇気」と「忍耐」が大事とのこと。なんだか、週刊ジャンプのコンセプトのようですが納得です。

自分が同じコトをやっていても、足下の状況が常に変わっているだから意味があります。信じるものをもって、柔軟にやっていくしかないんでしょうね。

「ビジネス・サーフィン」。本当に刺さりました。僕みたいな右脳人間には、頭でイメージすることで、感覚的に心構えや判断が変わってくるので、こういう比喩はとても参考になります。

比喩がうまい人の話は、腹に落ちます。


12月も数日過ぎ、2008年の目標を達成するための時間も少なくなってきました。2008年の目標はほとんどクリアできてきているので、来年への仕込み作業をまだまだやらないといけないと思っています。年末に2008年の目標と進捗まとめをblogでやります。

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ


はてなに追加

MyYahoo!に追加

del.icio.usに追加

livedoorClipに追加