2008/06/21

日経MJの2008年ヒット番付から「空気読み」

2009年上半期のヒット番付はこちら
2008年下半期のヒット番付はこちら 。

2008年上半期のヒット番付が出ています。
ヒット番付に出ているものは、
すでに売れている、流行っているものなので
ここには顕在化した消費者の心理が表れています。

この奥にある潜在的な欲求をキーワードにしておけば
次のヒット商品や企画を立てるときに使えます。

さて、ここから何を読み取るのかをいくつか今後書いていきますね。
すでに、このblogで触れているものとしては、これですかね?
「お勉強」ブームとその対極としての「おばかタレント」ブーム


2008年上期ヒット商品番付
【東】
横綱:プライベートブランド「トップバリュー」「ゼブンプレミアム
大関:5万円ノートパソコン「Eee PC」「HP
関脇:カーボンオフセット「日本カーボンオフセット」「carbonpass
小結:電球形蛍光灯「パルック」「ネオボール
前頭:三井アウトレットパーク入間
同 :クロスウォーカー(引き締めメンズインナー)
同 :ミルクシーフードヌードル
同 :Wii Fit
同 :クルトガ(とがり続けるシャーペン)
同 :電動自転車「ヤマハPAS」「パナソニックビビ
同 :めぐりズム 蒸気でホットアイマスク
同 :クリアフォース(空気清浄機)
同 :クロレッツアイス(ガム)
同 :夢をかなえるゾウ(書籍)
同 :ケシポン(個人情報保護スタンプ)
同 :ジェロ
同 :篤姫
同 :国内線ファーストクラス「JAL」「ANA

【西】
横綱:糖質・糖類ゼロ「アサヒスタイルフリー」「ゼロナマ」「」
大関:ブランド携帯「アクオス携帯SB」「wooo携帯au
関脇:銀聯「三井住友銀聯」「日経トレンディ
小結:シャワークリーンスーツ
前頭:地下鉄新線
同 :ブラトップ
同 :絶品チーズバーガー
同 :モンターハンターポータブル2nd
同 :ペンズギア(ペン回し専用ペン)
同 :マラソングッズ「NEWBALANCE」「NIKE」「ミズノ
同 :香りつづくトップ
同 :デジタルフォトフレーム「SONY s-Frame
同 :モッフルメーカー
同 :蟹工船
同 :バブリーバブルバス
同 :青山テルマ
同 :おばかキャラ&ピン芸人「羞恥心」「ナベアツ
同 :エアバスA380

ちなみに、上記リンク集はHow to monetize Web 2.0(ウェブマーケティングを考える)さんが作ってくださったものを引用させていただいています。ありがとうございます。

そうだ。
「日経MJヒット番付に見るトレンドの変遷と消費者意識の変化」的な本を書いてみるのも面白いかもしれませんね。もう、あるのかなぁ?