2008/10/29

参加型ゲームにして広告掲出先を、無料で募集してしまう方法。角川文庫ミステリー「松山ケンイチ」容疑者編

渋谷で妙に目立つポスターを見つけました。赤にWANTED。言っていることは「角川ミステリー」のみ。「?」と思わせるポスターでした。明らかに情報が少なく、何かゲームが隠されているのでは?と業界系の人は気になってしまうものです。


僕が見つけたのはこの写真です。



後から、NETで検索してみると、やはりゲーム型のキャンペーンでした。松山ケンイチが扮する容疑者を捜すというゲームです。何種類のパターンがあるのかわかりませんが、変装パターンをバリエーションとしてポスターを作っているようです。そのため「収集する」楽しみをゲーム性として取り入れています。blogなどでも共有されるでしょうから、AIDMA→AISASのシェアの要素をちゃんと取り込んでいます。このキャンペーンでは、文庫本の帯についている応募券に秘密のキーワードを書いて送ると3枚セットのオリジナル図書カードが抽選で当たるというものでした。その秘密のキーワードがポスターに書いてあるアルファベットがヒントになっているという仕掛けです。

で、関心した仕組みは以下のものです。公式blogからの引用です。つまり、このポスターを貼ってくれる掲出先を無料で募集しちゃっているのです。発見感をさらに高めるために、飲食店や美容室などの話題になるそうな場所を募集しています。対価は「松山ケンイチのポスター」です。従業員やアルバイトにファンがいたら、成立しそうですね。こういう無料で広告掲出枠まで募集してしまうアイデア、好きです!


E_B3_1016.jpg
角川文庫では10月25日より「発見。角川文庫のミステリ」フェアを開催いたします。このミステリフェアでは松山ケンイチさんが“容疑者”として様々な変装をします。このフェア開始にあたり、角川文庫では容疑者を一緒に捜査していただく「捜索協力者」を緊急募集します。あなたも是非ご一緒に松ケン容疑者を捜してください。容疑者手配のこのポスターを特別に最大100名様までお分けいたします。

ポスターをお分けする条件は松ケン容疑者の「捜査に協力」していただける方。カフェ、ショップ、美容室、あなたの職場や食堂、学校、病院などに、松ケン容疑者のポスターを貼って“容疑者発見。”に力を貸してください。
応募には
1)ポスターを2週間以上貼り出していただけること。
2)ポスターを貼り出す場所の写真と、貼り出した後の写真を弊社までお送りいただくこと
が条件です。

「捜査協力希望者」は
あなたの氏名、住所、電話番号、ポスターを貼っていただける施設名、その住所と電話番号、
ポスターを貼る場所の写真(2枚)を同封のうえ、下記までお送りください。

〒102-8177 東京都千代田区富士見2-13-3
(株)角川グループパブリッシング ミステリフェア「私も容疑者捜します!!」係 まで

応募締め切りは10月31日(金)到着分まで。厳選なる審査のうえ、最大100名にポスターを進呈させていただきます。尚、協力者の方々には薄謝を進呈させていただきます。
※ご注意※
注1)ポスターは協力者の皆様ご自身の責任のうえで貼り出しをお願いいたします。
また、協力者自身の所有地・貸借地以外での貼り出しは必ず当該施設の責任者・または管理者に貼ることの許可を得たうえで応募ください(※許可なくポスターを公共の場所、私有地等に貼った場合、罰せられる場合があります)。
注2)場所は基本、室内に限定させていただきます。
注3)協力者の方には審査および確認のため、お電話にてお話を伺う場合があります。 また担当者が直接ポスターの貼り出し伺う場合があります。
注4)貼り出したポスターの写真を角川文庫のHPに掲載させていただく場合があります。また、その他ポスター貼り出しに関する諸条件は、選出した協力者の方々に詳細をご説明させていただきます。
注5)容疑者は多数存在するため、ポスターの種類は画像の容疑者と同じものとは限りません。またポスターの種類は選べません。
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

はてなに追加

MyYahoo!に追加

del.icio.usに追加

livedoorClipに追加