2007/08/12

インフォメーション × セレクトショップ

情報が大量にあふれる中で、
本当に価値のある情報を知っている目利きが必要になる。

情報があふれればあふれるほど
ガイド役が必要になってくる。

この情報洪水の中を
うまく余裕をもって楽しんで泳げる人は
「誰にきけばいいのか?」という
know howよりもknow whoな知識を持っている人だと思う。

まちがいなく、そろそろ
洋服だけではなく、
情報やライフスタイルセレクトショップが必要とされる時代が来る。
「情報のセレクトショップ」が求められる時代です。

誰かの目利きで準備されたものが
そこに行けばあって、その中から選んでいれば間違いないという状況。
さて、どっから手をつけたらいいかなぁ?
しばらくこの構想についていろいろと考えてみようと思います。

今後の先行きが暗いポータルサイトという位置づけは
本当はこっちを目指すべきなのにね。


■浜野安宏さんのblogに「セレクトショップの時代」という書き込みがありました。
セレクトショップの時代

■この方のblogの「情報の目利き」というエントリーがあり、秀逸です。
情報の目利き